• スタバ 裏メニュー カスタム カスタマイズ 感想

恐ろしい紫外線の16の影響とは?お金のかからない美白対策8選!

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_m

※2016.11.3加筆修正

こんにちは!
管理人Manamiです(^^)

私、かなりの美白マニアなのですが
正しい知識とケア、できてますか?

紫外線がキツい今だからこそ
毎日のケアで美白、目指しましょ♡

恐ろしい紫外線の16の影響とは?

美白対策8選と共にまとめちゃいますね!

 

 

紫外線対策の前に基礎用語を

私も美容部員になるまではよく分からなかった^^;

知ってる方も多いとは思いますが
簡単に用語説明しておきますね(^^)

 

ターンオーバー

お肌の細胞の生まれ変わりの周期のこと。

ターンオーバーは28日が理想ですが
大人は代謝が落ちることでターンオーバーが
どんどん遅くなってしまいます。

 

メラニン

シミの元となる茶色いのがメラニン。

ターンオーバーが正常だとシミになる前に
捨てられるハズのものです。

 

メラノサイト

メラニンを作る場所。

肌がダメージを受けてると察知すると
メラノサイトがメラニンを作り出します。

本来はメラニンは肌を守る物質なので^^;

 

 

①紫外線ダメージは蓄積される

今はシミがなくとも年齢を重ねると
シミやくすみが出てきます。

それは紫外線のダメージを若かりし頃に
受けてきた蓄積が肌表面に出てきただけ。

大体10~20年溜め込むとシミに(;_;)

夏は真っ黒、冬は白く戻る子供と違い
大人はターンオーバーが遅くなり
メラニンを捨てきれなくなりシミとなります。

私は「人生で1秒でも少ない紫外線量」
を目指して日焼け対策しています(笑)

 

 

②紫外線は4~5月が一番危険!年中紫外線対策を!

紫外線が一番強いのは真夏ではなく
4~5月だというのは有名な話。

更にお肌が紫外線にまだ慣れておらず
メラニンを増やしまくってしまうのです!

でも、晴れの日だけなら
6月が一番なんですよ~!!

3~9月は紫外線対策した方が良いです!

 

 

③保湿が甘い不健康肌はメラニン作り放題

乾燥することで肌の代謝は低下し
シミが排出されにくくなります。

保湿しないと肌の調子が悪くなり
そもそもの抵抗力も弱まります。

肌荒れした部分やニキビ跡などは
紫外線のダメージをモロに受けます。

不健康肌はメラニン作り放題です!

 

 

④SPFは足し算できない

SPF20の下地+SPF30のファンデ
=SPF50ではありません!

防御効果は多少増しますが
SPF50ほどの効果は到底ありません。

シーンでSPF値は使い分けましょ♪

 

 

⑤SPFとPAの違いは?

SPFは紫外線B波による
いわゆる日焼けを防ぐ指標。

PAは紫外線A波による
肌へのダメージを防ぐ指標。

 

SPFとPAの説明
※http ://www.ybs.jp/より引用

肌が元々白い人って
美白意識が低い方が多いのですが
紫外線A波は色が黒くなる訳ではなく
シワやたるみの原因になるんです!

なので肌色にかかわらず全員日焼け対策が必要です!

 

 

⑥室内でも窓からUVAは入ってくる

窓はUVAを遮断してはくれません。

室内でもSPF30PA++程度でいいので
軽い日焼け止めを塗っておきましょ♪

畳焼けと同じように肌を焼かないように!

 

 

⑦頭皮や髪も日焼けする

日に焼けると髪はパサパサになります。

頭皮焼けしてる人も多いですね。

パサパサの髪は老けて汚く見えます(;_;)

頭皮は顔と一枚皮で繋がっているので
紫外線の刺激による乾燥で肌がたるみます!

 

 

⑧睡眠不足はシミの元!

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_m

睡眠不足はターンオーバーの周期を
乱してしまいます。

メラノサイトが作るメラニンも
ターンオーバーの乱れによって
過剰分泌するように!

 

 

⑨寝る前のスマホチェックはNG!

49cad23354bef871147702f5880a45c6_m

スマホやパソコンの画面から出る
ブルーライトは脳を覚醒状態にします。

寝る直前はスマホやパソコンは控え
良質な睡眠を取ることで美肌に♪

深い睡眠にブルーライトは大敵です!

 

 

⑩そもそも日本人はシミができやすい!

日本人や東洋人は黄色人種です。

イエローベースの肌は元々
白人より多くメラノサイトを持っています。

同じ紫外線量でもメラニン生成量が多い(;_;)

黄色人種は肌の色自体は明るいので
シミが目立ちやすいのです!

 

 

⑪シミは遺伝?

シミは遺伝?

答えはNO!

肌は20~30%ほどが遺伝子、
70~80%が生活習慣に影響を受けます。

元々の肌の色は遺伝が大きいですが
日々のケアでかなり変わります!

ただ、小学生の頃からそばかすがある人は
元々シミができやすい体質です。

シミもそばかすもメカニズムは同じなので
昔からそばかすがある人はより紫外線対策を!

 

 

⑫一瞬の紫外線が命取りに!

紫外線を一瞬浴びただけでアナタの脳は
「紫外線だ!危険だ!メラニンを作れ!」
と一斉に指示を出してしまいます!

短時間でも日焼け対策は必要です!

メラニンを実際に作り出すのは約3日後。

それまでに美白ケアしましょ♪

 

 

⑬ストレスでシミが増える!?

012

ストレスが溜まると自律神経系の
バランスが乱れます。

するとターンオーバーのリズムが崩れ
乾燥や肌荒れ、シミの原因に!

ストレスで分泌されるコルチゾールも
色素沈着や炎症の原因に(;_;)

 

 

⑭目から入る紫外線にも要注意


※http ://item.rakuten.co.jp/より引用

目から入った紫外線が体内での
炎症の原因になるとの研究があるそう。

肌にも影響が出るのは当たり前。

日傘だけでなくサングラスも♪

 

 

⑮ストレスさえもシミの原因に

031

なんとイライラしやすい人は
シミが出やすい人が多いのだとか!

確かに私怒りっぽくて
シミできやすいタイプです・・・^^;

イライラすると自律神経にも影響するし
体のサイクルが乱れたりするからですね。

勿論お肌の調子も狂います!

 

 

⑯顔の触りすぎ、擦りすぎはシミのもと

ごしごしと顔を洗うと肌が傷つきます。

しょっちゅう顔を触る癖も要注意!

日々刺激を与えることで
皮膚が防御しようとメラニンを作っちゃいます!

同時に肌が固く角質で覆われてしまい
スキンケアも浸透しにくく悪循環に(;_;)

 

16個、できるだけ簡潔に紫外線の影響を
まとめてみましたがいかがでしょうか?

聞けば聞くほど「紫外線やばい」ってなる筈(笑)

次はお金をあんまりかけなくてもできる
日々の紫外線対策で美白を手に入れる
8つの方法をご紹介します(^^)

 

 

①日焼け止めは一年中!毎日!絶対!

日焼け止め 塗る

室内、外出に関わらず日焼け止めは
毎日一年中塗るのが原則です!

日焼け止めの効果は1~2時間なので
塗り直しもこまめに♪

 


個人的にBioreが安くて一番オススメ♡

塗った感覚がないのでベタつき知らず♡

私はボディに使うので10本以上リピしてます!
⇒ビオレジェル日焼け止めはこちら

 

玄関先にプッシュタイプを置いたり
スプレータイプを持ち歩くのもオススメ!

ちょっとした手間で日焼け止めってサボりがち^^;

少しでも取り入れやすい形の日焼け止めを常備すべし!
⇒ニベアプッシュ式日焼け止めはこちら
⇒日焼け止めスプレーはこちら

 

耳たぶや耳の裏、指先、足先、首デコルテも忘れずに!

サンダル焼けは特にダサいですよ!

室内ではSPF30以下の優しいタイプで十分♪

UVAは窓ガラスを通り抜けます!

曇りや雨の日も紫外線はあるので
毎日一年中塗りましょう!

 

 

②黒い日傘をこまめに差す

日傘 黒 効果

日傘は紫外線を防ぐ他
直射日光を避けられるので
体が涼しくて楽なんです!

色は黒を選べば効果抜群!

UVカット効果が低下するので
数年おきに買い替えましょう。

体も一緒に日差しから守れるので
体力的にも楽でおすすめ(^^)

因みに日傘の紫外線カット効果は持続しません!

年々紫外線を通しやすくなるのでこまめな
買い替えをおすすめします♪

 

 

③サングラス/手袋/帽子など小物を駆使

車や自転車はハンドルを握る
手の甲だけ焼けてしまいます!

手袋でしっかり防ぎましょう!

サングラスや帽子は目や髪を守ります♪

日傘が使えないときにも(^^)

 

 

④とにかく保湿

美肌の為には保湿は必須!

保湿された健康美肌は
紫外線の影響も受けにくいのです!

平子理沙さんはとにかく保湿をしたら
かなり白く今の美肌になったのだとか!

メラニンを捨てるにはターンオーバーの正常化が大事!

肌の生まれ変わりの周期は健康な肌次第!

保湿、頑張りましょ♪

紫外線を浴びてメラニンを作り始めるのに
約3日かかると言われています。

この3日間に美白成分を肌に送り込み
しっかりしっかり保湿しましょう!

 

 

⑤日焼けしたら冷やす

日焼け=火傷です!

その日の内にお肌を冷やしましょう!

紫外線を浴びて3日以内であれば
メラニンを作ることをある程度阻止できます!

まずは炎症を温度で抑えましょ♪

 

 

⑥熱いお湯で顔を洗わない

40度以上のお湯での洗顔は
シミや肌荒れの元なんです!

熱すぎるお湯はお肌が興奮し
防御スイッチが入ってしまうのです!

肌は防御しようとするとメラニンを作ります。

ごしごし洗いもNGです!

 

 

⑦肌に優しい生活をする

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_m

昼夜逆転不規則生活糖分過剰摂取
肌のターンオーバーの周期を乱します。

ターンオーバーが乱れるとメラニンが
過剰分泌され、美白から遠ざかるのです!

 

 

⑧体内の巡りを良くする

現代人はとにかく巡りの悪い人が多すぎ!

肩甲骨を動かせば全身の巡りが
良くなりダイエット効果もあるんです♡

肩回しや首回しなども◎

筋トレをして代謝UPも効果的♪

 

美白美容液など化粧品に頼るのもいいけど
まずはお手軽にできる紫外線対策を♪

これならお金がなくても努力でカバーできるはず!

 

 

紫外線対策 まとめ

①日焼け止めは一年中!毎日!絶対!

②黒い日傘をこまめに差す

③サングラス/手袋/帽子など小物を駆使

④とにかく保湿

⑤日焼けしたら冷やす

⑥熱いお湯で顔を洗わない

⑦肌に優しい生活をする

⑧体内の巡りを良くする

 

 

簡単、お手軽なものを厳選しました!

コツコツと続けることが大切な美白ケア。

色白美肌を目指して
日々の紫外線対策、頑張りましょ♡

あと、やっぱり美白化粧品の力も借りると
更に美白を保てるのは間違いありません。

即効性はないけど試してみる価値ありです♪

紫外線情報、併せてこちらもチェックすべし!
⇒紫外線対策特集はこちら

【紫外線関連記事】
◆秋冬も紫外線対策!おすすめの日焼け止めと注意は?
◆手軽な日焼け止めスプレーって効果ある?メリットとデメリットは?
◆敏感肌も!クレンジング不要日焼け止めパウダーの効果的な使い方は?


 

コメントを残す

このページの先頭へ