• スタバ 裏メニュー カスタム カスタマイズ 感想

秋冬も紫外線対策!おすすめの日焼け止めと注意は?

紫外線 日焼け止め 対策 冬 UVA UVB 2

こんにちは!
管理人Manamiです(^^)

日焼け止め、毎日使っていますか?

やっぱり春夏が紫外線対策の時期ですが
秋冬も紫外線、侮ってはいけません!

でも、春夏と秋冬は日焼け止めの
SPF値を変えた方がいいかも!

秋冬の紫外線対策と日焼け止めのSPF値、
まとめてみました!

 

 

年中紫外線は降り注いでいる!

紫外線 日焼け止め 対策 冬 UVA UVB
※http ://www.kakimoto-arms.com/より引用

年間の紫外線量のグラフです。

UVA・・・シワたるみの原因となる紫外線
UVB・・・シミ日焼けの原因となる紫外線

やっぱり春夏が一番紫外線量は多いです!

でも、意外と秋冬も侮れないんです!

特に見た目に分かりにくいシワたるみの原因となる
UVAは秋冬もガンガン降り注いでいます(>_<)

春夏しか日焼け止めを塗らない人もいますが
やっぱり年中紫外線対策は必要ですね!
⇒紫外線の16の影響と美白対策8選はこちら

 

 

SPF値は30以上は紫外線防止効果横ばい?

SPF50PA++++が日本の日焼け止めの最高値です。

紫外線が怖いことはもはや常識。

年中日焼け止めを塗る人も増えてきたのでは?

でも、悲しいかな、SPF30より上は
紫外線防止効果自体はほぼ変わらないのです!

 

 

じゃあSPF50とSPF30の違いって何?

SPF50とSPF30が紫外線防止効果が横ばい!

そうなると違いが何なのかよく分からない^^;

SPF30と50の差はズバリ持続時間です!

 

因みにSPFとPAについて。

SPF・・・UVBで肌が赤くなるまでの時間をどれだけ延ばせるか
PA・・・UVAを防ぐ効果のレベル

紫外線UVBを浴びて肌が赤くなるまでの時間は
個人差がありますよね。

色白さんってすぐ赤くなっちゃうし^^;

その時間を50倍延長できるのがSPF50!

なので、SPF50の効力も個人差があります!

 

紫外線 日焼け止め 対策 冬 UVA UVB 1
※http ://www.ci-labo.com/より引用

こんな感じでSPF値は計算されます(^^)

なので、紫外線防止効果はSPF30も50も横ばいだけど
紫外線防止効果持続時間はSPF50の方が長いのです!

 

 

SPF30は塗れば10時間紫外線防止できる?

紫外線 日焼け止め 対策 冬 UVA UVB 1
※http ://www.ci-labo.com/より引用

さっきのこの図。

一般的な日本人の肌は日焼けまで20分くらい。

つまりSPF30の日焼け止めを塗れば
この図上では10時間紫外線防止できる!

でも、よく「2時間おきに日焼け止めを塗り直しましょう」って!

10時間の紫外線防止効果は実験上のお話。

実際は薄く塗るのでやっぱり2時間おきに
日焼け止めは塗り直すのがベストです(^^)

 

 

SPF値は年中50の人に注意したいこと

日焼け止めはSPF値で使い分けを

SPF値は高いほど紫外線防止の持続時間が長いです。

でも 持続力がある=肌負担が大きい ということ!

SPF値が高いものをずっと使うのは
肌への負担が大きいので考えものです(>_<)

 

SPF20~30 長時間外出しない日常生活で
SPF50 外出やスキースノボなど雪のあるところ

もっとSPF値が低くてもいいよとも言いますが
実際SPF10とかってあんまり売ってないし
区分としては秋冬ならこれでいいと思います(^^)

ファンデーションや下地に日焼け止め効果が
入っているものはそれだけで大丈夫です♪

重ねても紫外線防止効果UPしませんから^^;

 

紫外線抵抗力が落ちている

年中紫外線対策をしている人の肌は
いつも守られている紫外線抵抗力が落ちた肌!

紫外線に慣れていなくて準備不足状態。

普段から日焼け止めを塗らない人より
紫外線を浴びたとき影響が大きいのです!

秋晴れや冬のスノボやスキーなどは危険!

いつも紫外線対策している人は年中絶対怠らないで!

普段インドアでデスクワークの人も要注意です!

 

 

秋冬の紫外線対策で注意すべき日は?

秋冬で紫外線の影響を受けやすいのは
秋晴れの日のアウトドアや雪のあるスノボやスキー!

 

紫外線対策 秋晴れの日のアウトドア

紫外線 日焼け止め 対策 冬 UVA UVB 3
※http ://moogry.com/より委員用

秋晴れの日は絶好のアウトドア日和♡

でも、秋になるとどうしても
紫外線への注意が逸れがち。

でも秋晴れの日って天気がいいだけじゃなく
空気が澄んでいるんですよね~。

澄んだ空気はチリやほこりなど邪魔がなく
紫外線がダイレクトに地面に届いてしまうんですよね。

帽子や手袋、SPF値の高い日焼け止めでケアを!

 

紫外線対策 冬のスノボやスキー

紫外線 日焼け止め 対策 冬 UVA UVB 4
※http ://giver.jp/より引用

紫外線は光の一種なので反射します。

紫外線反射率はこんな感じ。

アスファルト・・・10%
水・・・10~20%
雪・・・80%

雪の紫外線反射率、やばい(笑)

スノボやスキーに行くとゴーグル焼けしやすいのは
雪の紫外線反射のせいなんですね~(>_<)

メイクの上から日焼け止めを塗るために
パウダータイプの日焼け止めを持っていくのがおすすめ♪

 

 

秋冬の紫外線対策まとめ

紫外線 日焼け止め 対策 冬 UVA UVB 2
※http ://tomomihasegawa.com/より引用

・紫外線は年中降り注いでいる

・SPF30以上は紫外線防止効果は横ばい

・SPF50は紫外線防止の持続効果が長い

・やっぱり2時間おきには日焼け止め塗り直し要

・SPF値が高いと肌への負担に、秋冬の日常は低めがおすすめ

・年中対策をしている肌は紫外線抵抗力が弱い、塗り忘れ厳禁

・秋晴れの日のアウトドアは空気が澄んでいるので要注意

・冬のスノボやスキーは雪の紫外線反射に注意

 

 

秋冬も紫外線対策は絶対しましょう!

でも、いつもSPF50の日焼け止めではなく
出かける場所と日常で使い分けて

肌負担を減らしていきましょ♪

 

紫外線情報、併せてこちらもチェックすべし!
⇒紫外線対策特集はこちら

 

【紫外線対策】
◆紫外線の16の影響とお金のかからない美白対策8選!
◆敏感肌も!クレンジング不要日焼け止めパウダーの効果的な使い方は?
◆ハワイ紫外線対策!日焼け止めは機内持ち込み?現地購入?



 

コメントを残す

このページの先頭へ